© 2016 by neutrale

October 24, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

LA出張

September 7, 2018

だいぶしばらくサボってしましました。今回の出張は9月に長野県軽井沢で行われるユーロミーティングイン軽井沢へ向けてのオーダーを完成させるのがメインでした。そのほか来年のオートサロンや2019年度追加予定のデザインミーティングなどなど。

 

いきなりラッシュで今回はまともに写真を撮ってる時間がなくスナップ程度ですが、何枚かとることができましたのでご紹介させていただきますね。

 

まずはMS10 Progressivの21インチ。ポルシェのセンターロック用での作成でした。

 

 

センターロックのハブ自体がかなりの高さがあるためコンケーブを取るのが非常に難しいのですが、素材の端から端まで活用してできる限り角度を詰めてみました。

センターロックの場合、オフセットが変わるとシェイプ自体も変えなくてはならず、毎回新しいプログラムが必要になります。長めのお時間をいただきますがそのお車専用の設計になります。

今回はセンターディスクのリング部をポリッシュに、そのほかはブラッシュドで仕上げた上にブラックアルマイトを、アウターリムもブラッシュドにブラックアルマイト。インナーはデフォルトのマットブラックです。素材感が全面に出るアルマイトならではの質感が真っ黒でも豊かな表情を与えてくれますね。

 

 

 

次はこちら、LM12 Classicの20インチをSUV用にアレンジして作成。

ナットも純正用、ハブもPCDも特殊なお車のため、おそらくこれも専用設計といってもいいでしょう笑

 

 

重たい車に対応するため、厚みを多く取りました。結構重たいホイールですが、この重厚感はまねできない迫力があります。フィニッシュは独特のぬめり感がいい雰囲気のグロスブラックアウターにセンターはブラッシュドブラックアルマイト。

 

今回こちらのホイールにはテスト的にフラッグロゴを入れました。キャップの形や大きさ、仕上がりの感じなど通常ラインナップのオプションとして入れられるか目下検討中ですが、削り出しキャップにこんなロゴが入ってるの見たことないですね、相当スペシャルです。

 

どうしても欲しい!って方は通常のモノからいろいろ変更が必要ですので覚悟ができましたらお問い合わせください。先に言っておきます、高いです。笑

 

 

次はこちらCS9 Trac

いつもポリッシュはフルポリッシュしてそのままが多いですが、今回は濃いめのティントでパウダーコートを掛けました。

 

 

 

深みのある黒光り。なんて表現するのがベストかちょっと難しいですが、とても奥行きがあって角度で色味が変化する面白い仕上げになってます。アウターリムもセンターも同色ですので一体感もいい感じです。

 

 

 

続きましてCS9 Mono

CS9シリーズはおかげさまで好評をいただいておりモノブロック/3pc合わせて今回数セット作成させていただきましたがどれもこれもフィニッシュが違ったりで個性のある仕上がりになってます。

 

 こちらはポリッシュの途中ですね。手間暇かかってるのを見ていただけると思います。

 こちらのモノブロックはベースをブラッシュドxポリッシュにした後、贅沢にもティントをかけて作成しました。一見ティントが掛かったスタンダードなホイールですが陽に透かして見たり、近くでよく見ると深みのある表情豊かな仕上がりはまさに贅沢の一言に尽きます。

 

 

 

次はCS9D Classic

Neutraleの代表作といっても過言ではないデザインです。コンケーブのClassicでもProgressivでもモノブロックでも9本メッシュをシャープな感じでひねり、立体感を強調する斜めにカットした断面はダイナミックでカッコイイです。

 

 

今回はその不朽の名作、Classicの20インチです。仕上げはアウターをハイポリッシュ、センターをブラッシュド加工を施したのち、ブラックアルマイトを掛けました。ピアスボルトは全体ン雰囲気を引き締める効果のあるダークティント。

全体に素材の塊感が前面に押し出された鍛造ならではの仕上がりになってます。

 

じつはあともう一セット仕上がってなければいけないのですが、本日の帰国前の最終出荷には間に合わず、明日僕が手荷物で持ち帰ることになりそうです。こちらも完成したら品のあるホイールが出来上がると思いますのでお楽しみに!

 

 

最後はこちらのイラスト、2019年度追加用でデザインした6本スポークのホイール。名前は決めてません。笑

なんかシンプルだしどうなのよ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと想像してみてください、これをブラッシュドクリアだったりスポークのポケットをポリッシュしてみたり、それを思いっきりシャコタンでバーンて入れた時のインパクト。

たまらん感じになりますよこれ。ニュートレイルの持ち味はいつでもスタンダードになりうるデザイン。奇をてらったものはほぼないですが、ジワジワきて飽きのこないタイムレスなモノづくりを心がけてます。

 

 

あとは5本スポークのホイールをデザイン中です。こちらは名前はもう決めました。Heritage(ヘリテージ)と呼びます。90%デザインはできてるのですが最後何かこれっていう感じが得られたら作成開始ですのでこちらもお楽しみに。

来年はシンプルにしっかり目がニュートレイルの気分になりそうですね。アメリカの車屋酸と一緒で第3四半期に作成開始、第4四半期から発売開始にしたいと思います。なのでMY2019ですね笑

 

あとは問い合わせは一番多いかもしれないオフロード用シリーズ。鋳造も充実してるマーケットですし鍛造を履くという文化があまりないので目にする機会は少ないですが、こちらも1デザイン追加しますよ!

 

この9月をもって創立から丸2年とまだまだ若いブランドですが、今すでに履いてくださってる皆さま、作成待ちの皆様、検討中の皆様にドキドキではなくワクワクをお届けできる、価値のある満足していただけるブランドにしていくためにどんどん突き進んでいきたいと思います。

 

ではでは帰国後秋の風物詩ユーロミーティング軽井沢でお会いしましょう!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索