© 2016 by neutrale

October 24, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

MS10 Progressiv

December 14, 2017

 

今回はできたてホヤホヤMS10 Progressivのお話。

 

 

前回はあまりにも新しかったので海外にも発信したくて英語で書いたんですが、今回はちゃんと日本語でご説明いたします。笑

 

Neutraleを始めるとき、何か他と違うものを作りたくて考えていたフローティングディスクのホイール。その時はまだ時期早々と判断してモノブロック及び3pcはClassicシリーズとTracシリーズに注力を注ぎました。その結果、お客様及びディーラー様より支持をいただきまして予想以上のスピードで世に出すことができました。まだまだClassic/Tracはガンガンいきますし僕のクルマも完成予想からそのどっちか以外の選択肢はないです。

 

さてここでこのProgressivシリーズを投入した理由をご説明すると、

 

まずはさらにハイエンドカーにも似合うもの。

ここ数年ハイエンドカーに履いてるホイールのデザインを見ていると、あまりにも幾何学的で複雑で無理やり作ってる感がすごくて、あまりにも僕のテイストからはかけ離れていること。よりシンプルで車本来位のデザインと調和がとれるのにきちんとホイールの主張もあるデザイン。ここが一番のポイントだと思っています。ブレーキも大型化し、ディスクもさらにフラット化が必要なくらい厳しい中きちんと高級感を演出しながらそのたたずまいを壊さないようできるよう細心の注意を払ってデザインしました。NeutraleのClassic/Tracシリーズはもちろん新しい車にもピッタリですが、ちょっとアグレッシブすぎる、若すぎるけどモノブロックじゃちょっとシンプルなんだよねってって声にこたえる形です。

ヨーロッパ車でいうとCクラスやA4からフェラーリではF12などが属するDセグメントからさらに上の車をターゲットにしているのでラインナップは20インチから22インチまで。元気仕様はClassic/Tracでいきましょう!

 

次に斬新。

これまたここ数年の流れである懐古主義。僕も好きですし先に出たClassicシリーズなんて名前からしてそうなんですが、それよりももっと新しく誰も見たことないもの。度肝を抜く必要はないですが、あれ?なにこれ?ってホイールが作りたかったんです。その答えがこのなんだか浮いて見えるフローティングシェイプです。

 主流であるリムエンドまでスポークを伸ばさず、手前で終わらせて隙間を作り、あたかも浮いているように見せる技法です。切りあがってから実際のリムに合わせてさらに煮詰めて納得のいくバランスに仕上がりました。見方によってはモノブロックにも見える面白いシェイプです。またこのProgressivシリーズはClassic/Tracで使っているストレートフランジのアウターではなく、カールタイプのものを使用することで、懐古主義感を撤廃しより現代の車に似合うようにしています。めちゃくちゃ新しいです。

 

さいごはNeutraleらしさ

やっぱりさいごはパッとみてNeutraleとわかるものです。モノブロックもClassicシリーズもTracもすべてに主眼を置いてきたのがそこでしたので、やっぱりそのアイデンティティを大事にしたものを作りたかったので本当に満足のいくものができました。情報があふれかえっている時代ですのでおそらく似たようなものも出てくるでしょうが、それでも胸を張って履いていただける製品づくりがNeutraleです。

 

 

今回はお客様からのリクエストでMS10のデザインを落とし込みました。

 

 

MS10はシンプルな10本スポークですがスポークエッジをすべて丸みを帯びた形状にカットして全体に柔らかさを出すようにデザインしたものです。時間がかかっていやな顔をされる作り方ですが、スポークに表情が生まれてなかなかいいです。ぜひお近くでご覧になってみてください。

 

 

そうそうこのProgressivシリーズはいつも通りCS9DでもMS15でもSS4でもLM12なんでも入れられます。なので新デザインではなく新シェイプ(プロファイル)。

Classicシリーズと同様にディープコンケーブ化することも可能ですので、フィットメントに余裕のあるお車にはガッチリ角度のあるものをお作りすることができます。

また今回は同時進行で同デザインのSUV用を設計いたしました。フルサイズ等重たい車には別途かかりますが重たい車用に専用設計も致しますのでディーラー様へお問い合わせください。

 

そんなわけでオートサロンでデビューのProgressivシリーズ、このセットはカスタムセンターロック用で作成しましたよ!さらに先日ご紹介したCS5mono、初作成のMS15 mono 21inchとともに見どころですので是非会場に足をお運びいただいてチェックしてみてくださいね!

 

あとはもう2デザイン追加予定ですが一つはいまフィニッシュ中の非常にエレガントなもの、もうひとつは今週デザインミーティング予定でアグレッシブな感じ作る予定です。またこちらやIG,FBでご紹介していきますのでお楽しみに!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索